ゼロライン MODEL TFP-RF-TYPE / ASF(CSF)-P-TYPE

粉粒体材料計量装置『ゼロライン』は、当社独自の特殊フィーダーによって切り出される粉粒体の流れを計量カップに受け、その量目の増減を内蔵するロードセルで検知、制御し極めて短時間に、かつ正確にバッチ連続計量する画期的な製品で、計量偏差値を常に一定(0線上)に保つことができます。
大きな特徴は、一個の特殊フィーダーで強弱二段の切換えが自動的にロードセルで検知フィードバックして計量されることです。
まず、大量の材料を移送し、全計量の約90%移送時点で自動的に大量から少量に切換わりフィーダーから計量カップへの落下量を極微量に抑えて、希望する計量値を確実に確保することができます。
また、運転中の機械振動まで制御されますから非常に精度の高い計量値検知(偏差値0)が可能であると同時に連続計量運動ができます。

TFP-RF-TYPE

ASF-P-TYPE

CSF-P-TYPE

仕様 使用電力:AC200/100V 50/60Hz
計量能力:50g、250g、500g、990g、5000g他
計量精度:±0.5%FS
機械寸法:300D*400H、400D*600H、他以上
主な用途 プラスチック工業、医療品工業、
冶金工業、食品工業、その他一般

性質と特徴

このページのトップへ